厚生労働科学研究費補助金(エイズ対策政策研究事業)

エイズ予防指針に基づく 対策評価 推進のための研究 HIV Prevention Policy Research

本研究の目的

 本研究の目的は平成30年改定のエイズ予防指針に基づき、HIV感染症患者(以下陽性者)を取り巻く課題等に対する各種施策の効果等の経年的評価、一元的な進捗状況把握、そして課題抽出を行い、一貫したエイズ対策推進に資することである。その中で先行研究「HIV感染症及びその合併症の課題を克服する研究」で、1)治療の進歩でHIV感染症の予後は改善し、良好な治療状況では感染もほとんどない事実を、多くの国民あるいは医師を含め医療等の専門家でさえよく理解していない事、2)陽性者は高齢化で合併症診療の比重が増え、地域の一般医療のニーズが増えている事、3)U=Uなどの倫理的課題がある事が明らかとなったことを踏まえる。

お知らせ

ホームページを公開しました。

研究課題

予防指針
エイズ予防指針に基づく施策の評価と課題抽出に関する研究(四本美保子)
疫学
わが国のケアカスケード推定値に関する疫学研究(西浦 博)
医学教育
HIV医学教育プログラムの開発と評価(渡部健二)
薬学教育
薬学教育および薬剤師養成課程におけるHIV感染症専門薬剤師育成プログラムの開発と評価についての研究(桒原 健)
啓発
SNSを活用した効果的な啓発手法における方策ごとの効果的な情報拡散に関する研究(江口有一郎)
倫理
HIV の倫理的課題に関する研究と医療従事者等へのHIV 陽性者の診療の手引きの作成(大北全俊)
啓発
高校生世代に向けた予防啓発の実践と教材開発の検討(山﨑厚司)

プライバシーポリシー